Runway Gen-2で動画編集をカンタンに!初心者必見の使い方ガイド

runaway-Gen2

Runway Gen-2とは

動画編集はもう難しくない。

Runway gen-2 使い方 をわかりやすく説明します。
Runway Gen-2という革新的なツールが、あなたの創造力を次のレベルに引き上げます。
AIの力を借りて、誰でも簡単にプロフェッショナルな動画を作成できる時代が到来しました。

この記事では、Runway Gen-2の基本から高度な機能まで、初心者でも理解しやすい方法で解説します。
動画編集の世界に新たな一歩を踏み出す準備はできていますか?
それでは、Runway Gen-2の驚きの世界へ一緒に旅立ちましょう。

読者がこの記事を読むメリット:
  • Runway Gen-2の基本機能と操作方法を簡単に理解できる。
  • AI技術を活用した動画編集の利点を学べる。
  • 初心者でもプロフェッショナルな動画を作成するための具体的なステップを習得できる。
  • 時間と労力を節約しながら、クリエイティブな動画制作のスキルを向上させる方法を知ることができる。
  • Runway Gen-2のユーザーコミュニティを活用して、他のクリエイターとのコネクションを築く方法を学べる。

今回、私がRunway Gen-2(無料版)で作成した動画です!!

Runway Gen-2は、AIを活用した最先端の動画編集ツールです。
ユーザーフレンドリーなインターフェースを備え、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーが直感的に利用できます。

Runway Gen-2はRunway Researchによって開発されたAIベースの動画編集ツールで、創造性を拡張する多様なAIシステムを開発するというミッションの下で生まれました。

このツールは、「Gen-1」の進化形で、「Text to Video」機能を搭載しており、テキストから直接動画を生成できる革新的な機能を提供します。
このツールは、基本的なカットやトリムから、高度なカラーグレーディングや特殊エフェクトの適用まで、さまざまな動画編集作業を簡単かつ効率的に行うことができます。

AI技術を利用した自動編集機能も搭載されており、クオリティの高い動画制作を支援します。2023年3月に発表されたこの新しいAIツールは、そのユニークな特徴から日本のメディアやクリエイターの注目を集めています。

Runway Gen-2の使い方を徹底解説!初心者から上級者まで

AIchat

Runway Gen-2の使い方に関する徹底解説を行います。
このセクションでは、初心者から上級者までのすべてのユーザーに役立つ情報を提供します。

基本的なインターフェースのナビゲーションから始めて、動画のインポート、編集機能の使い方、エフェクトの適用方法など、具体的な操作手順を紹介します。

また、上級者向けの機能やヒントも取り入れ、Runway Gen-2を最大限に活用するためのアドバイスを提供します。
このセクションを通じて、Runway Gen-2を使いこなすための実践的なガイドを提供することを目指します。

Runway Gen-2の基本機能と利点

Runway Gen-2は、AI技術を駆使した動画編集ツールです。

その基本機能には、直感的なドラッグ&ドロップインターフェース、多彩なビデオエフェクトとトランジション、高度なカラーグレーディングツールが含まれます。

特に注目すべきは、AIによる自動編集機能で、これによりユーザーは手間をかけずにプロレベルの編集結果を得ることができます。
また、ユーザーフレンドリーな設計により、初心者でも容易に高品質な動画を制作できるという利点があります。

これらの機能により、Runway Gen-2は幅広いユーザーにとって、動画編集作業を効率的かつクリエイティブに行うための強力なツールとなっています。

動画編集

動画編集機能は全部で10つの機能があります。

機能の名前機能の内容クレジットの消費の有無
Remove Background動画内で指定した部分のみを切り出し、他の部分を削除します。クレジットを消費します。
Inpainting動画内の指定した部分のみを削除します。クレジットを消費します。
Color Grade動画の色のトーンを変更できます。クレジット消費なしで使えます。
Super-Slow Motion既存の動画からスローモーションを作ることができます。クレジット消費なしで使えます。
Blur Faces人間の顔に自動でモザイクをかけます。クレジット消費なしで使えます。
Depth of Field動画全体にぼかしを加えられます。クレジット消費なしで使えます。
Scene Detection自動で動画を場面ごとに分けることができます。クレジット消費なしで使えます。
Extract Depth深度マップ(カメラからの距離で色分けされたもの)を作ることができます。クレジット消費なしで使えます。
Motion Tracking動画内の動いてる対象を自動で追跡します。クレジットを消費します。
Motion Brushブラシで塗った部分が動画に変換されます。

基本操作のマスター – Runway Gen-2での編集スタートガイド

Ranway-gen2
  • インターフェースの理解:
    • タイムライン:動画クリップを配置・編集する領域。
    • プレビューウィンドウ:編集中の動画をリアルタイムで確認。
    • ツールバー:切り取り、コピー、貼り付けなどの基本的な編集ツール。
  • 動画のインポート:
    • 「ファイルを追加」をクリック。
    • エクスプローラー(またはファインダー)から動画ファイルを選択し、インポート。
  • 基本編集の実施:
    • タイムライン上でクリップを選択。
    • カットやトリミングツールを使用して、不要な部分を削除。
  • テキストの追加:
    • テキストツールを選択し、動画にタイトルや字幕を追加。
    • フォントや色、位置を調整。
  • 音楽の挿入:
    • 音楽トラックをタイムラインに追加。
    • ライブラリから音楽を選択し、ドラッグ&ドロップで配置。
  • エフェクトの適用:
    • エフェクトメニューから希望のエフェクトを選択。
    • クリップにドラッグ&ドロップし、必要に応じて調整。
  • 完成動画のエクスポート:
    • 「エクスポート」オプションを選択。
    • 動画のフォーマットと品質を設定し、保存。

このセクションでは、Runway Gen-2を使った動画編集の基本ステップを、初心者でも理解しやすいように具体的な手順で説明します。

これにより、初めてRunway Gen-2を使用するユーザーでも、迅速に編集作業を開始し、基本的な映像制作を楽しむことができます。

高度な機能の活用 – クリエイティブな動画編集テクニック

  • カラーグレーディング:
    • 「カラー」タブを開き、ビデオクリップを選択。
    • 色調、彩度、輝度のスライダーを調整して、映像の色合いを微調整。
  • 特殊エフェクトの適用:
    • エフェクトライブラリから選択し、クリップにドラッグ&ドロップ。
    • エフェクトの設定を調整して、独自の視覚効果を作成。
  • 映像の安定化:
    • 不安定なクリップを選択。
    • 「安定化」オプションを選択し、揺れを補正。
  • 高度なオーディオ編集:
    • オーディオトラックを分析。
    • ノイズ除去、音量調整、エコー効果などを適用。

これらの操作手順を通じて、Runway Gen-2の高度な機能を活用し、動画にプロフェッショナルなタッチを加える方法を具体的に学ぶことができます。

Runway Gen-2を使って動画作成、動画編集

それでは実際にRunway Gen-2を使って動画作成、動画編集をしていきましょう。

今回は、「Gen-1」の進化形で、「Text to Video」機能を搭載しており、テキストから直接動画を生成できる革新的な機能である「Gen-2」と「Frame Interpolation」の2つの機能を実際に使っていきたいと思います!

Runway Gen-2について非常にわかりやすく解説している岡本宗一郎氏による「Runway(Gen-2)」の使い方に関する完全解説の動画を紹介します。
RunwayML(Gen-2)は、AIを活用して動画編集や動画生成が可能なオンラインプラットフォームです。動画の主な内容は以下の通りです:

  1. RunwayML(Gen-2)の概要:
    • RunwayML(Gen-2)とは、AIを駆使して様々な動画や画像を作成できるツールです。
    • ビデオの作成、画像の生成、画像の無限拡大、カスタムモデルのトレーニング、ビデオの一部消去、スローモーション撮影、画像の動かし方、背景の削除など、多様な機能があります。
  2. RunwayML(Gen-2)の機能:
    • アニメート、スーパースローモーション、ビデオの背景消去(Green Screen)、ビデオから対象を消去(Inpainting)、対象物の追跡(Motion Tracking)、エフェクトとフィルター、色調補正とカラーグレーディング、テキスト入力、キャプション生成、オーバーレイ追加、テンプレート使用、共同作業、音声編集、ビデオ出力など。
  3. 動画生成機能:
    • ビデオからビデオを生成(Video to Video(Gen1))、テキストやイメージから動画を生成(Text/Image to Video(Gen2))、フレーム補完など。
  4. 画像生成と編集機能:
    • テキストからイメージを生成(Text to Image)、イメージからイメージを生成(Image to Image)、イメージの無限拡大(Infinite Image)、イメージの拡張、消去と置き換え、背景差し替え、イメージバリエーション、色付け、イメージサイズ拡大など。
  5. 3D生成機能:
    • 3Dキャプチャー作成、3Dテクスチャー作成など。

約1時間20分の長い動画ですが見応えがあります。

この動画を見た上で以下の章に進むとよりわかりやすく理解が進みます。

Gen-2

Gen-2を使用して、テキストや画像から独自の動画を作成できます。

まずGen-2の画面にアクセスし、動画制作を始めます。
今回はテキスト入力を使って動画を作っていきます!
たとえば「荒波を航行する海賊船」というテーマの動画を作成することができます。

英語のプロンプトを入力すると、より良い結果が得られます。
参考までに「荒波を航行する海賊船」を英語に翻訳して「A pirate ship sailing through rough waves」と入力しました。
deep Lなどを使って英語のテキストを作っていきましょう。

「Generate 4s」をクリックすると動画作成が開始されます!
プレビュー機能を使用して動画のイメージを確認し、1分程度で動画が作成されます。

(クレジットを消費する前に確認することをおすすめします)

最終的には「荒波を航行する海賊船」ような動画が完成し、テキスト入力だけで高品質な動画が作れることに驚きます。
実際に使用したプロンプトは以下の通りです。
今回、暴風雨の中で大海を進む海賊船をイメージして動画を作成ますので「暴風雨の中で大海を進む海賊船を描いて」を英語にDeepLで翻訳します。翻訳された英語”Draw a pirate ship sailing the vast ocean .”を入力しました。

今回無料版で作成した約8秒の動画です。(なかなかリアルに生成されているのにおどきました!)⬇️

空を飛ぶカモメが少し崩れているのが気になりますが、無料でここまで作成できるとは驚きです。

Motion Brush

Gen-2に新しく追加された「Motion Brush」機能を使うと、画像の特定の部分を選択するだけで、その部分が動く動画を作成できます。

このベータ版機能は現在無料で利用可能です。
使い方は簡単です。
まずGen-2の画面で「Motion Brush」を選択し、動かしたい画像の部分を選択します。

例えば、木の先端や花びらを選ぶと、それらが自然に動く動画が生成されます。
動かす方向は、横(Horizontal)、縦(Vertical)、奥行き(Proximity)を示す矢印マークで指定できます。
塗りつぶし方はカーソルを対象物に合わせて長押しするだけです!

Frame Interpolation

「Frame Interpolation」機能を使って、AIロボットが学習している姿の画像と火星にいる猫の画像から動画を作成します。

まず「Frame Interpolation」画面に移動し、画像をアップロードします。

これは画面の赤枠部分に画像をドラッグ&ドロップするか、クリックしてファイルから選ぶことで行えます。
画像をアップロードした順に動画が作成されるため、順序に注意が必要です。

今回私が試したのは次の2点の画像をベースにしました。

AIChat
Apart

設定から動画の長さを調整でき、この方法で約10秒の動画を作成することが可能です。
より自然な動画にするためには、角度の調整などの工夫が効果的です。
結果は次の通りです。(なかなかシュールなアニメになりました)

効率的なワークフローの構築 – 時間を節約する編集コツ

  • ショートカットの活用:
    • Runway Gen-2のショートカットキーを学び、頻繁に使用する機能へのアクセスを高速化。
    • 例えば、カット、コピー、ペースト、アンドゥ(元に戻す)などの基本操作にショートカットを使用。
      • ショートカットキーを活用することで、Runway Gen-2での編集作業をより迅速かつ効率的に行うことができます。たとえば:
      • カット: 通常は「Ctrl + X」(Windows)または「Cmd + X」(Mac)で、選択した部分を切り取ります。
      • コピー: 「Ctrl + C」(Windows)または「Cmd + C」(Mac)を使って選択した部分をコピーします。
      • ペースト: 「Ctrl + V」(Windows)または「Cmd + V」(Mac)でコピーした内容をペーストします。
      • アンドゥ(元に戻す): 「Ctrl + Z」(Windows)または「Cmd + Z」(Mac)で最後の操作を取り消します。
  • プリセットの利用:
    • 頻繁に使用するエフェクトやカラーグレーディングの設定をプリセットとして保存。
    • 別のプロジェクトで同様の設定を適用する際、プリセットを使って時間を節約。
  • バッチ処理:
    • 複数のクリップに対して同じ操作(例:色補正、エフェクト適用)を一度に適用。
    • クリップを選択し、一括して処理を行うことで効率的に編集作業を進める。
  • 効率的な素材管理:
    • プロジェクト内の素材を整理し、簡単にアクセスできるようフォルダ分けやタグ付けを行う。
    • 効果的な管理システムにより、必要な素材を迅速に見つけ出し、作業時間を短縮。

これらの手順により、Runway Gen-2を使った動画編集の効率性が向上し、時間を節約するための具体的な方法を提供します。

Runway Gen-2のAI機能の活用方法

Ranway-gen2

Runway Gen-2のAI機能は動画編集を簡単かつ高度に行うための強力なツールです。

例えば、AIによる自動編集機能では、ユーザーは数クリックで動画のカットやトリミングを実行でき、動画のクオリティを効率的に向上させることが可能です。

また、AIを利用したカラーグレーディングでは、色合いや明るさの調整が自動で行われ、プロレベルのビジュアルを簡単に作成できます。

これらの機能を活用することで、時間と労力を節約しながら、クリエイティブで質の高い動画制作が可能になります。

Runway Gen-2のAIによる自動編集機能の操作方法は以下の通りです:

  • 動画のアップロード: Runway Gen-2を開いて、「ファイルを追加」オプションを使用し、編集したい動画をアップロードします。
  • 自動編集機能の選択: ツールバーやメニューから「AI自動編集」オプションを選びます。
  • 編集のカスタマイズ: 必要に応じて、AIの提案する編集ポイントを確認し、手動で調整を加えることもできます。
  • 結果のプレビューと保存: AIによる編集後の動画をプレビューし、満足したら動画をエクスポートします。

このプロセスを通じて、Runway Gen-2はユーザーに時間を節約し、効率的に高品質な動画編集を提供します。

Runway Gen-2のAIによるカラーグレーディングの操作方法は以下の通りです:

  • カラーグレーディング機能の選択: 編集中の動画を選択し、ツールバーから「カラーグレーディング」オプションを選びます。
  • AIの自動調整: AI自動カラーグレーディングを選択すると、AIが色合い、コントラスト、明るさを自動で分析し、最適な調整を提案します。
  • 調整の微調整: 必要に応じて、AIの提案する設定を手動で調整し、好みのビジュアルスタイルにカスタマイズします。
  • 結果の確認と保存: 調整後の結果をプレビューし、満足すれば動画をエクスポートします。

このプロセスにより、ユーザーは簡単にプロフェッショナルな品質のカラーグレーディングを施すことができます。

ユーザーコミュニティとの共有 – インスピレーションとコラボレーション

Ranway-gen2

Runway Gen-2のユーザーコミュニティは、クリエイターがインスピレーションを得て、互いに学び合う貴重なリソースです。

このコミュニティを活用することで、異なるスキルレベルやバックグラウンドを持つユーザーが、アイデアや経験を共有し、互いに成長することができます。

  • アイデアの共有: プロジェクトのアイデアや創作過程を共有することで、新たな視点を得たり、有益なフィードバックを受け取ることができます。
  • コラボレーション: 他のクリエイターとのコラボレーションを通じて、異なるスタイルや技術を学び、自身の作品に新たな要素を加えることが可能です。
  • ワークショップやチュートリアル: コミュニティ内で開催されるワークショップやチュートリアルに参加することで、新しいスキルを習得したり、Runway Gen-2の高度な使用方法を学ぶことができます。
  • フィードバックとサポート: 他のユーザーからのフィードバックを受け取ることで、自身の作品を改善し、創造的な問題を解決するためのサポートを得ることができます。

このコミュニティを利用することで、Runway Gen-2のユーザーは、単にソフトウェアの技術的な側面だけでなく、創造的な側面においても成長することができます。

互いの経験を共有し、相互に刺激を受けることで、より深い学びと創造的な発展が促進されるのです。

Runway Gen-2のユーザーコミュニティに所属するには

Runway Gen-2のユーザーコミュニティに所属するには、Runway Gen-2の公式ウェブサイトまたは関連プラットフォームにアクセスし、ユーザーコミュニティへの参加を申し込む必要があります。

通常はアカウントの作成が必要で、一部のコミュニティでは特定の基準や条件を満たす必要があることもあります。

参加後は、フォーラムでのディスカッションやワークショップ、チュートリアルへの参加が可能になります。

また、他のユーザーとコンタクトを取り、知識や経験を共有することができます。

Runway gen-2 使い方 に関するQ&A

unway Gen-2で動画をインポートするには?

Runway Gen-2で動画をインポートするには、「ファイルを追加」オプションをクリックし、編集したい動画ファイルを選択します。簡単な操作で動画がプロジェクトに追加され、すぐに編集を開始できます。特に初心者にとっては、このプロセスの簡単さが大きな利点です。

Runway Gen-2で基本編集(カット、トリム)を行うには?

基本編集を行うには、タイムライン上で編集したいクリップを選択し、カットやトリムツールを使用します。マウスを使って不要な部分を削除し、必要な部分だけを選択して編集を行えます。この直感的な操作性が、Runway Gen-2の大きな魅力の一つです。

Runway Gen-2でのカラーグレーディングの基本は?

カラーグレーディング機能を使用するには、「カラー」タブを開き、色調整ツールを用いて色温度や彩度を調整します。AI機能を利用すると、これらの設定が自動で最適化されます。

Runway Gen-2でテキストやタイトルを追加するには?

テキストツールを使用して、動画にタイトルや字幕を追加できます。位置、フォント、色などをカスタマイズし、動画に合わせて配置します。

Runway Gen-2でエフェクトやトランジションを適用する方法は?

エフェクトやトランジションは、エフェクトライブラリから選択し、タイムライン上のクリップにドラッグ&ドロップで適用します。個々のエフェクトの設定を調整して、カスタマイズすることも可能です。

Runway Gen-2で音楽やサウンドエフェクトを追加するには?

オーディオトラックをタイムラインに追加し、ライブラリから音楽やサウンドエフェクトを選択して追加します。音量やフェードの調整も行えます。

Runway Gen-2のプロジェクトをエクスポートする方法は?

編集が完了したら、「エクスポート」オプションを選択し、希望のファイル形式と品質を設定して動画を保存します。

Runway Gen-2の著作権に関するガイドラインは?
  • Runway Gen-2を使用する際は、著作権に注意が必要です。
    ユーザーは、著作権で保護されている素材を無断で使用しないようにし、オリジナルコンテンツの作成に努めるべきです。
    また、使用する音楽や画像がライセンスフリーか、適切な許可を得ているかを確認することが重要です。
    • runwayの公式サイトには以下のように書かれており、商用利用は可能であるとのことです!(公式サイト)
    • As a user on any of our plans (Free, Standard, Pro, or Unlimited) you retain complete commercial rights to all content generated or edited using Runway. You’re 100% free to use any content you create using Runway both commercially or non-commercially, and all copyright for your creations and generations is held by you.

      以下は日本語訳です
      Runwayを使用して生成または編集されたすべてのコンテンツについて、ユーザーは完全な商業的権利を保持します。
      Runwayを使って作成されたコンテンツは、商業目的でも非商業目的でも自由に使用でき、作成物や生成物の著作権はユーザーに帰属します。
      これは無料、スタンダード、プロ、無制限のいずれのプランのユーザーにも適用されます。
Runway Gen-2の料金体系はどのようになっていますか?

 Runway Gen-2の料金体系は、通常サブスクリプションベースで提供されています。
異なるプランがあり、ユーザーのニーズに応じて選択できます。
有料プランについてまとめてご紹介します!

料金プラン料金主な内容
Basic無料◦ 125クレジット
◦ クレジットの追加不可
◦ 動画の画質720pまで
◦ ビデオプロジェクトは3つまで
◦ Gen-1で作れる動画4秒まで
◦ Gen-2で作れる動画16秒まで など
Standard12ドル/月◦ 625クレジット/月
◦ クレジットの追加購入可能
◦ 4Kの動画・2Kの画像を出力可能
◦ Green Screen alpha matte での出力可能
◦ ビデオプロジェクトは無制限
◦ Gen-1で作れる動画15秒まで
◦ Gen-2で作れる動画16秒まで など
Pro28ドル/月◦ 2250クレジット/月
◦ クレジットの追加購入可能
◦ 4Kの動画・2Kの画像を出力可能
◦ PNG とProRes 形式で画像と動画を出力
◦ ビデオプロジェクトは無制限
◦ Gen-1で作れる動画15秒まで
◦ Gen-2で作れる動画16秒まで など
Unlimited76ドル/月◦ クレジット無制限
◦ Proプランの全ての機能
◦ 2250クレジット/月の高速モードが使える など
Enterprise要問い合わせ要問い合わせ

この情報は執筆時点での公式サイトの料金プランのページをもとに紹介をしています。

詳細は公式ページで確認して下さい。→公式サイトhttps://runwayml.com/pricing/


無料トライアル期間が提供される場合もあり、詳細な料金情報はRunway Gen-2の公式ウェブサイトで確認できます。

作者の感想:

AIart

Runway Gen-2は、動画編集の可能性を大きく広げるツールです。

この記事を通じて、その使い方と可能性を多くの人に伝えられたことを嬉しく思います。読者の皆さんがこれらの知識を活用し、自分だけの素晴らしい作品を生み出すことを期待しています。

記事のまとめ:

この記事では、Runway Gen-2の使い方を初心者から上級者まで分かりやすく解説しました。基本操作からAI機能の活用、高度な編集テクニックまで、幅広い知識を提供しています。この情報を活用すれば、あなたもRunway Gen-2でプロフェッショナルな動画編集が可能になります。

この記事では、Runway Gen-2の使い方を初心者から上級者まで分かりやすく解説しました。基本操作からAI機能の活用、高度な編集テクニックまで、幅広い知識を提供しています。この情報を活用すれば、あなたもRunway Gen-2でプロフェッショナルな動画編集が可能になります。

まとめのポイント:

  • Runway Gen-2の基本操作の習得
  • AI機能を利用した効率的な編集方法
  • 高度な編集技術の理解と応用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.