ナーブルスソープの秘密と、 苛性ソーダを使わない石鹸の作り方 のススメ

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

石鹸選びに迷っていませんか? 苛性ソーダを使わない石鹸の作り方 の魅力を知っていますか?
今回は、オーガニック石鹸の代表格であるナーブルスソープと、手作り石鹸の良さを徹底的に解説します。市販の石鹸とは一味違う、本物の石鹸の魅力を体感してください。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

目次

ナーブルスソープとは?オーガニック石鹸の魅力

ナーブルスソープは、オーガニック石鹸の代表格として多くの人々に愛されています。
その理由は、肌に優しい成分で作られていること、そして環境にも配慮されていること。
市販の石鹸には、肌に刺激を与える成分や環境に悪影響を及ぼす成分が含まれていることが多いのですが、ナーブルスソープはそのような心配がありません。
オーガニック石鹸の魅力は、その安全性と品質の高さにあります。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ナーブルスソープの特徴

ナーブルスソープは完全無添加のオーガニック石鹸で、全成分が自然素材から作られています。

合成界面活性剤、石油由来原料、化学合成防腐剤、酸化防止剤、発泡剤、金属封鎖剤、着色料、人工香料などの添加物は一切使用されていません
主成分としてヴァージンオリーブオイルを100%使用しており、オリーブ果実油78%、水酸化Na12%、水10%の成分で構成されています。
このオリーブオイルは、パレスチナのヨルダン川西岸地区で栽培されたオーガニック食用ヴァージンオリーブオイルを使用しています。

ナーブルスソープの成分とその効果

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ナーブルスソープの主成分であるヴァージンオリーブオイルは、栄養価の高いオレイン酸や天然保湿成分を豊富に含んでいます。
オリーブオイルは肌の保湿や栄養補給に優れており、乾燥や刺激から肌を守る効果があります。
また、オリーブオイルには抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールが含まれており、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

市販の石鹸との違い

多くの市販の石鹸は、合成成分を使用しており、肌の自然なバランスを崩すことがあります。
これにより、肌の乾燥や刺激、毛穴の閉塞を引き起こすことがあります。
しかし、ナーブルスソープは100%天然成分で作られているため、肌に優しく、環境にも配慮されています。

ナーブルスソープの歴史と認証

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ナーブルスソープは、1611年創業のナーブルスソープカンパニーが製造しています。
この石鹸は、欧州のオーガニック製品認定規格である“エコサート(ECOCERT)”の認証を取得しており、その品質は保証されています。
また、世界各国で販売されており、日本でも2017年から販売が開始されました。

オーガニック石鹸の健康へのメリット

オーガニック石鹸は、化学物質や合成香料、着色料などの添加物を使用していないため、肌に優しいのが最大のメリットです。
特に、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人にはおすすめです。

また、オーガニック石鹸は、肌のpHバランスを崩さず、肌の潤いを保つ効果もあります。

さらに、オーガニック石鹸には、肌を清潔に保つだけでなく、肌のトラブルを予防する効果も期待できます。
そのため、健康的な肌を保つためには、オーガニック石鹸の使用がおすすめです。

ナーブルスソープの製品

NATURAL OLIVE ナチュラルオリーブ

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

NATURAL OLIVE - ピュアなオリーブ

厳選された最上級のヴァージンオリーブオイルを独自に採用

紀元前1000年頃からパレスチナでオリーブオイルの製造が続いており、この地でのオリーブの品質は世界屈指です。
特に、パレスチナのウエストバンク(ヨルダン川沿い)のオリーブは、その品質で世界的な名声を誇っています。
ナーブルスソープは、この高品質なオーガニックなヴァージンオリーブオイルを主成分として使用しています。

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸が肌の保護と調整に貢献

オリーブオイルには、約70%ものオレイン酸が含まれ、肌の乾燥や外部の刺激から保護する役割を持っています。
オレイン酸は肌に潤いと輝きをもたらします。

ビタミンEとポリフェノールを配合して、エイジングケア。

強力な抗酸化作用を持つビタミンEとポリフェノールが肌の弾力と輝きをアップ。
ポリフェノールは、ストレスによる肌のダメージにも対応しています。

エコサート(ECOCERT)に認証されたヴァージンオリーブオイルを使用

美肌成分として知られるポリフェノールやオレイン酸、そして「若返りのビタミン」とも言われるビタミンEを豊富に含む。

商品情報

◆成分: オリーブ果実油 78%、水酸化Na 12%、水 10%

◆容量: 100g

◆利用方法: 洗顔、クレンジング、ボディ洗浄、シェービング

◆サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm

◆特徴:

  • 100%オーガニック成分使用
  • ヴァージンオリーブオイルを主成分としたオーガニック石鹸
  • エコサート(ECOCERT)認証取得
  • ハラール対応
  • 環境に優しい生分解性
  • 動物実験不実施
  • トゥベレ家伝統のレシピと製法を継承
  • 合成成分、着色料、人工香料は使用していません
  • あらゆる肌タイプに適しています

◆JANコード: 4589864720010

THYME タイム

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

タイムは、抗菌や抗ウイルスの特性を持つ成分チモールを含んでおり、ハーブ石鹸の中でもその効果は特に顕著です。
ニキビや傷、ただれのケアにも役立ちますし、その香りはリフレッシュ感があり、気分を高める効果が期待されます。

地中海沿岸が原産のタイムは、ヨーロッパや北アフリカを含む北半球で人気のハーブです。
古代の文化では、感染の予防や空気の浄化、ミイラ保存のためなど、その多様な用途で利用されていました。
タイムは、角栓や乾燥、日焼けの後のシミケアにも適しており、体臭を中和する力も持っています。

美容成分のハイライト

  1. チモール (Thymol): 強力な抗菌・抗ウイルス効果を持ちます。
  2. フラボノイド (Flavonoid): 抗酸化作用があり、体の自然治癒力をサポート。
  3. サポニン (Saponin): 界面活性作用で洗浄効果があります。
  4. ポリフェノール (Polyphenol): 細胞の老化を遅らせ、シワやたるみにアプローチします。
  5. ビタミンC & B2: お肌の健康や脂質の代謝に役立つ成分。
  6. オレイン酸 (Oleic acid): 肌に潤いを与え、肌の健康をサポート。
  7. ビタミンE: 「若返りのビタミン」としても知られる強力な抗酸化成分。

商品詳細

  • 成分: オリーブ果実油 67%, 水酸化Na 10%, タイム油 10%, 水 9%, タイム葉エキス 4%
  • 内容量: 100g
  • 用途: 洗顔、クレンジング、ボディ洗浄、シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm
  • 製品特性: 天然100%、エコ認証取得、ハラール認証、動物実験なし、古代レシピ、化学成分無添加、すべての肌タイプ向け
  • JANコード: 4589864720027

DEAD SEA MUD 死海の泥

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

マグネシウム豊富な死海の恩恵

死海は、アラビア半島の北西部にあり、海抜がマイナス418メートルという地球上で最も低い塩湖です。
約500万年前の海水流入、年間を通じての高気温と少ない降水により、非常に濃い塩分が形成されました。
死海特有の塩化マグネシウムは、肌を保湿し、引き締める効果があります。さらに、肌のハリや輝きを取り戻す力があります。

2万年の成熟を経たミネラル

十分なミネラルの摂取は難しいため、直接肌にミネラルを与えることが肌の健康へのキーとなります。
死海のミネラルをたっぷり含んだ泥は浄化作用があり、老化の原因となるミネラル不足を補い、汚れを取り除きます。

クレオパトラの愛した美容の秘密

古代のクレオパトラもその美容効果に気づき、死海を訪れ、自らの化粧品を製造しました。
現代では、その効果を活かし、美容や健康のための観光地として世界中から人々が訪れています。

美容に役立つ成分紹介

  • 海シルト:肌の表面を洗浄し、不要物質を取り除く力があります。
  • ポリフェノール:細胞の老化を防ぐ効果や抗菌作用があり、ニキビや肌荒れを予防します。
  • オレイン酸:肌に保湿効果をもたらし、肌トラブルを予防・改善します。
  • ビタミンE:「若返りのビタミン」とも称される抗酸化作用があります。

製品情報

  • 成分:オリーブ果実油 77%、水酸化Na 10%、水 9%、死海の泥 4%
  • 内容量:100g
  • 使用方法:洗顔・クレンジング・ボディ洗浄・シェービング
  • サイズ:約7.0 x 4.8 x 2.5cm

製品の特長

  • 100%天然オーガニック成分
  • 「エコサート」認定
  • 伝統的なパレスチナのレシピ使用
  • 化学物質不使用
  • あらゆる肌タイプに適しています。

JANコード:4589864720034

DAMASK ROSE ダマスクローズ

肌の美しさと安らぎの効果

ローズのエッセンスは、女性ホルモンと感情の均衡をサポートし、心地よい安らぎを感じさせます。
ローズの有効成分は皮脂の調整や浄化に効果的で、体臭の軽減にも役立ちます。
ヴァージンオリーブオイルとの組み合わせで、肌は柔らかく潤います。

ブルガリア産ダマスクローズの高級感

ダマスクローズは複数の国で生産されていますが、特にブルガリア産はその香りの良さで知られています。
高級ブランドのフレグランスにも用いられ、短い花期を持つこのローズから得られるローズオイルは、2600本の花からわずか1gしか取れないため、非常に貴重なオイルとなっています。

バラの歴史の中の貴族

バラの栽培は古代メソポタミア時代に始まり、ダマスクローズも長い間中東で愛されてきました。
伝説のエジプト女王クレオパトラもこのバラを愛し、中世ヨーロッパや文学作品、歴史的逸話にもその名が刻まれています。

美容に役立つ成分一覧

  • シトロネロール: 蚊避け効果、抗菌、リフレッシュ感
  • ゲラニオール: 皮脂調整、浄化、抗炎症、肌の柔軟性向上
  • ポリフェノール: 抗酸化、細胞老化の防止、抗菌、肌トラブルの予防
  • ビタミンC & B2: 抗酸化、細胞の保護、肌トラブル予防、脂質の代謝サポート
  • オレイン酸: 保湿、肌トラブルの改善、肌の美しさをサポート
  • ビタミンE: 強力な抗酸化作用、若々しい肌をキープ

商品詳細

  • 成分: オリーブ果実油 77%、水酸化Na 10%、水 9%、ダマスクバラ花油 4%
  • 内容量: 100g
  • 用途: 洗顔、クレンジング、全身洗浄、シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm
  • 特徴: 全天然、オーガニック認証、ハラール認証、エコフレンドリー、動物実験なし、伝統的製法、合成化学物質不使用、全肌タイプ対応
  • JANコード: 4589864720188

Grapes ぶどう

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

パレスチナオリジンのオーガニックぶどう

パレスチナは、古代よりぶどうの栽培が盛んであり、紀元前1500年頃からその歴史が始まりました。
現在も、ぶどうは重要な農産物として続いています。
ナーブルスソープは、この地域でオーガニックに育てられたぶどうを採用しています。

美肌をサポートする栄養成分

ビタミンCやビタミンB群は、肌の老化を防ぐ抗酸化作用を持ち、活性酸素を中和します。
これは美しい肌を保つためのキー成分です。

ポリフェノールの美容効果

タンニンやレスベラトロールを含むポリフェノールは、肌のシミやたるみの予防や改善に役立つとされています。
特にタンニンは、毛穴の引き締めや肌のハリをサポートします。

肌に優しい成分

  • ポリフェノール: 細胞の老化を抑え、肌の悩みにアプローチします。また、抗菌作用も持つため、肌荒れの予防にも役立ちます。
  • オレイン酸: 安定性の高い脂肪酸で、乾燥や肌荒れの予防・改善に効果的です。
  • ビタミンE: 「若返りのビタミン」とも呼ばれ、老化を遅らせる強力な抗酸化作用を持っています。

商品詳細

  • 成分: オリーブ果実油 67%、水酸化Na 10%、ブドウ種子油 10%、水 9%、ブドウエキス 4%
  • 内容量: 100g
  • 用途: 洗顔・クレンジング・ボディ洗浄・シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm

製品詳細

  • 100%オーガニック成分を使用
  • エコサート(ECOCERT)認証済み
  • 環境に優しい製品
  • トゥベレ家の伝統的なレシピと製法を継承
  • あらゆる肌タイプに適した石鹸
  • JANコード: 4589864720058

AVOCADO アボカド

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ギネスが認める「栄養が豊富な果物」アボカド

栄養満点の果物 ギネスが認める「栄養が豊富な果物」アボカドは、その栄養価と高い脂質から「森のバター」とも称されます。
特に、美容に良い不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。

美肌効果のオレイン酸

オレイン酸は、肌の老化とともに減少。この酸の減少は肌の乾燥やシワを引き起こす要因です。
オレイン酸は、肌の柔軟性を保つだけでなく、保湿効果もアップさせます。

美容成分ポリフェノール

この成分は細胞の老化を抑制し、シワやたるみを防ぐ効果があります。また、強力な「抗菌作用」があり、肌のトラブル予防にも役立ちます。

ビタミンC & B2

これらのビタミンは、細胞の老化を遅延させ、紫外線やストレスからの肌のダメージを軽減します。特に、ビタミンB2は脂質の代謝を助けます。

オレイン酸

安定した脂質であり、肌に塗るとすぐに吸収されます。保湿効果が高く、肌のトラブル予防に効果的です。

ビタミンE

「若返りのビタミン」とも呼ばれ、強い抗酸化作用があります。

商品詳細

◆成分 オリーブ果実油 67%、水酸化Na 10%、アボカド油 10%、水 9%、アボカドエキス 4%
◆内容量 100g
◆用途 洗顔・クレンジング・ボディ洗浄・シェービング
◆サイズ 約7.0 x 4.8 x 2.5cm

製品特徴

  • 100%天然成分
  • ヴァージンオリーブオイル使用のオーガニック石鹸
  • 「エコサート」認証
  • ハラール認証
  • 環境に優しい製品
  • 動物実験不使用
  • 伝統的な「トゥベレ家」のレシピと製法
  • 化学成分一切不使用
  • あらゆる肌タイプに適しています
  • JANコード 4589864720058

POMEGRANATE 

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ざくろの美容効果 欧州では「ざくろ」が美容の秘訣として知られています。
古代からその多彩な効能が評価され、多くのエイジングケア製品に使用されてきました。
「女性の果実」とも称されるこのフルーツには、肌を明るくするエラグ酸やビタミンC、抗酸化力が高いポリフェノール、そして「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEなど、美容に嬉しい成分が豊富に含まれています。

ざくろの主な成分とその効果

  • エラグ酸 & ビタミンC – メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防ぐ。
  • ポリフェノール – 細胞の老化を遅らせ、肌トラブルの予防に効果的。抗菌作用もあり。
  • オレイン酸 – 乾燥や肌荒れの予防、そして保湿効果に優れる。
  • ビタミンB & C – 細胞の劣化を遅らせ、抗酸化力を持つ。特にビタミンB2は、脂質の代謝を活性化させる。

商品詳細

  • 成分: オリーブ果実油 67%, 水酸化Na 10%, 水 9%, ざくろ種子油 10%, ざくろ果実エキス 4%
  • 内容量: 100g
  • 用途: 洗顔, クレンジング, ボディ洗浄, シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm
  • 製品特性:
    • 100%天然成分・オーガニック
    • エコサート認証取得
    • 動物実験無し
    • トゥベレ家伝統のレシピ使用
    • 合成化学物質不使用
    • あらゆる肌タイプに適している
  • JANコード: 4589864720164

TEA TREE ティーツリー:

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

皮膚の不調やトラブルの救世主 ティーツリー油は、優れた抗菌性と抗真菌性を持つことで広く認知されており、やけど、炎症、切り傷などにも適しています。
また、肌へのやさしさが注目される成分です。その爽やかな香りは、心の疲れを癒して、活力を与えてくれると人気があります。

美容成分のハイライト:

  1. ティーツリー油: 肌荒れやその他の肌の問題を和らげる効果があり、さまざまな美容効果も期待できます。
  2. ポリフェノール: シワやたるみの原因となる酸化を防ぐ効果があり、また抗菌性も持っています。特に、睡眠不足やストレスによる肌トラブルの予防に役立ちます。
  3. オレイン酸: この安定した脂肪酸は、肌にうるおいを与えるとともに、肌荒れや乾燥を防ぐ効果があります。
  4. ビタミンE: 最も強力な抗酸化ビタミンとして、肌の老化を防ぎます。

商品詳細

  • 主成分: オリーブ果実油 77%, 水酸化Na 10%, 水 9%, ティーツリー葉油 4%
  • 内容量: 100g
  • 使用方法: 洗顔、クレンジング、ボディ洗浄、シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm
  • 特徴:
    • 100%オーガニック
    • ヴァージンオリーブオイルを使用したオーガニック石鹸
    • 「エコサート(ECOCERT)」認証済み
    • ハラール認証取得
    • 環境に優しい
    • 動物実験未実施
    • トゥベレ家の伝統的な製法を継承
    • 化学成分不使用
    • すべての肌タイプに適しています。
  • JANコード: 4589864720065

GOAT MILK ヤギミルク

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

ヤギ乳の特性と美容への効果

ヤギ乳は人の母乳に似ており、アレルギーを引き起こしにくい特性があります。
これは特に敏感肌や乳幼児にとって有益で、安心して使用できます。
また、ヤギ乳にはラクトフェリンが含まれており、赤ちゃんにとっては素晴らしい栄養源です。
さらに、ヤギ乳はビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富で、肌のバランスを整え、保湿効果も期待できます。

ヤギ乳の成分で美容効果

ヤギ乳の成分は肌に浸透しやすく、肌を柔らかくし、美白効果を持つ乳酸も含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、シワやたるみの予防に役立ちます。オレイン酸は肌の保湿に効果的で、ビタミンEは「若返りのビタミン」とも称される強力な抗酸化成分です。

製品情報

  • 成分: オリーブ果実油 77%, 水酸化Na 10%, 水 9%, ヤギ乳 4%
  • 内容量: 100g
  • 用途: 洗顔、クレンジング、ボディ洗浄、シェービング
  • サイズ: 約7.0 x 4.8 x 2.5cm

特長

  • 100%天然成分・オーガニック
  • オーガニック石鹸に使用されるヴァージンオリーブオイル
  • 「エコサート(ECOCERT)」認証製品
  • ハラール認証
  • 環境に優しい製品
  • 動物実験なし
  • トゥベレ家の伝統的なレシピ
  • 合成成分不使用
  • あらゆる肌タイプに適しています
  • JANコード: 4589864720072

このようなお肌に優しいピュアなナーブルスソープのお求めはこちら

⬇️⬇️⬇️

NABLUS SOAP(ナーブルスソープ)|10世紀にパレスチナで生まれた無添加オーガニック石鹸

ナーブルスソープが敏感肌・アトピー性皮膚炎におすすめな理由

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、肌のバリア機能が低下しているため、外部の刺激に対して非常に敏感に反応します。そのため、スキンケア製品の選び方は非常に重要となります。ナーブルスソープは、その成分や製法により、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用できる理由がいくつかあります。

100%天然成分での製造

ナーブルスソープは、ヴァージンオリーブオイルを主成分としており、合成界面活性剤や化学合成防腐剤、香料などの添加物は一切含まれていません。これにより、肌に刺激を与える成分が含まれていないため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

保湿力が高い

オリーブオイルには、肌の保湿を助けるオレイン酸やリノール酸が豊富に含まれています。これにより、肌の乾燥を防ぎ、肌のバリア機能をサポートします。乾燥はアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる要因の一つであるため、しっかりと保湿することは非常に重要です。

肌のpHバランスを整える

ナーブルスソープは、アルカリ性ではなく、肌のpHに近い中性のpHを持っています。これにより、肌のpHバランスを崩すことなく、洗浄することができます。肌のpHバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下し、外部の刺激に対して敏感になるため、中性のpHを持つ石鹸の使用は推奨されます。

古くからの伝統的な製法

ナーブルスソープは、伝統的な製法である冷製法を用いて製造されています。この製法により、成分の効果を最大限に活かすことができます。また、製造過程での熱を加えることがないため、成分が変質することなく、そのままの形で石鹸になります。
ナーブルスソープは、その成分や製法により、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用できる石鹸となっています。肌に優しい成分を求める方には、特におすすめの製品です。

市販の石鹸に含まれる問題のある成分とその影響

市販の石鹸には、多くの合成成分や添加物が含まれていることがあります。これらの成分は、石鹸の泡立ちや香り、色を良くするために使用されていますが、実は肌や環境に悪影響を及ぼすことが知られています。

肌に刺激を与える成分

  • 合成界面活性剤: これは石鹸の泡立ちを良くするために使用される成分ですが、肌を乾燥させる原因となります。特に、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは、肌の天然の油分を取り除き、乾燥やかゆみを引き起こすことがあります。
合成界面活性剤

合成界面活性剤とは、水と油の間の界面に作用してその界面の緊張を下げる化合物のことを指します。この性質により、油汚れを水中に分散させることができるため、洗剤や化粧品、食品など多岐にわたる製品に使用されています。

合成界面活性剤の主な特徴・役割

  1. 乳化作用: 水と油を混ぜることで安定した乳化液を作成する。
  2. 洗浄作用: 油性の汚れを分散させて洗い流す。
  3. 発泡・消泡作用: 泡を作ったり、泡を減少させる効果がある。
  4. 浸透促進: 製品の成分が皮膚などに浸透しやすくする。

体に対する懸念点

  1. 刺激性: 一部の合成界面活性剤は、皮膚や目に刺激を与えることが知られています。
  2. アレルギー反応: 個人によってはアレルギー反応を引き起こすことがある。
  3. 長期使用の懸念: 長期的な使用や大量の使用により、健康への影響が懸念される場合があります。
  4. 環境への影響: 一部の合成界面活性剤は生分解性が低く、環境に長期間残存する可能性がある。

近年、消費者の健康や環境への配慮から、天然由来の界面活性剤が注目されてきています。それに伴い、製品に使用される界面活性剤の選択や表示にも変化が見られるようになっています。

  • 合成香料: 多くの石鹸には香りをつけるための合成香料が含まれています。これらの香料は、アレルギー反応や肌の刺激を引き起こすことが知られています。
合成香料

合成香料とは、化学的な手法で製造された香りの成分や香料です。天然の原材料から抽出された香料(天然香料)とは異なり、化学的合成によって生み出されるため、特定の香りを持つ化合物を純粋に、または特定の比率で製造することができます。以下、合成香料についての詳細とその利点・欠点を説明します。

利点:

  1. コスト効果: 天然香料の取得が困難または高価である場合、合成香料はより経済的に製造できることが多い。
  2. 一貫性: 合成香料は一定の品質と一貫性を持っているため、製品ごとの香りのばらつきが少ない。
  3. 多様性: 特定の香りや新しい香りを作り出すことができる。
  4. 持続性: 一部の合成香料は天然香料よりも持続性があり、香りが長持ちする。

欠点:

  1. 健康懸念: 一部の合成香料はアレルギー反応や敏感反応を引き起こすことが知られており、使用する製品や量によっては健康に悪影響を及ぼす可能性がある。
  2. 環境への影響: 一部の合成香料は生分解性が低く、環境への影響が懸念される。
  3. 天然感の欠如: 一部の人々は合成香料の香りが「化学的」または「人工的」に感じられると考えており、天然の香りを好む人々には受け入れられにくいことがある。

体への影響:

合成香料が体に与える影響は、使用されている化合物や個人の体質によって異なります。例えば、一部の人々は特定の合成香料に対してアレルギーや敏感反応を示すことがあります。また、長期間にわたる露出や大量の使用が健康へのリスクを高める可能性も考えられます。そのため、製品の使用前に成分リストを確認し、必要に応じて皮膚パッチテストなどを行うことが推奨されます。

  • 合成着色料: 石鹸の色を鮮やかにするために使用される成分ですが、肌の刺激やアレルギー反応の原因となることがあります。
合成着色料

合成着色料とは、天然の着色料とは異なり、化学的な方法で製造される色素のことを指します。これらの色素は食品、化粧品、医薬品、日用品などの製品に広く使用されています。以下に、合成着色料の特徴と体に及ぼす影響について説明します。

合成着色料の特徴

  1. 均一性: 合成着色料は化学的に製造されるため、品質が均一であり、色の再現性が高いです。
  2. 安定性: 天然の着色料と比べて、合成着色料は環境や加熱による変色が少ないため、製品の見た目を長期間安定させることができます。
  3. コスト: 大量生産が可能なため、多くの場合、合成着色料の方が天然のものよりもコストが低いです。

体に及ぼす影響

  1. アレルギー反応: 一部の人々は合成着色料に対してアレルギー反応を示すことがあります。例えば、タール系の着色料はアトピー性皮膚炎やじんましんの原因となることが報告されています。
  2. ADHDとの関連: 一部の研究では、合成着色料と注意欠如・多動性障害(ADHD)との関連が指摘されていますが、この結論は議論の余地があり、確定的ではありません。
  3. 発がん性: いくつかの合成着色料は、動物実験で発がん性が示唆されたことがあります。ただし、そのような色素はほとんどの国で使用が禁止されています。
  4. 安全性の評価: 合成着色料は使用前に安全性が評価されます。多くの国では、食品や化粧品に使用される合成着色料は厳しい安全基準をクリアしたものだけが許可されています。

総じて、合成着色料はその使用目的や使用量に応じて、体に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用される製品のラベルをよく確認し、過剰な摂取を避けることが推奨されます。アレルギーや他の健康問題が懸念される場合は、専門家のアドバイスを求めることが重要です。

環境に悪影響を及ぼす成分

  • 微小プラスチック: 一部の石鹸には、スクラブ効果を出すための微小プラスチックが含まれています。これらのプラスチックは、水道を通じて海に流出し、海洋生物の体内に取り込まれることが知られています。
微小プラスチック

微小プラスチックとは、直径が5mm以下の非常に小さなプラスチックの断片や粒子のことを指します。これらは様々な源から生じ、環境、特に海洋環境に大きな影響を与えています。

起源と主なソース:

  1. 産業製品とコスメティック: 一部の化粧品や洗顔料には、スクラブとして微小プラスチックが含まれていることがあります。
  2. 大きなプラスチック製品の分解: 大きなプラスチック製品が自然界で分解されるときに微小プラスチックが生じることがあります。
  3. 衣料品: 合成繊維製の衣料品は洗濯時に微小プラスチックを放出することが知られています。
  4. タイヤの摩耗: 道路上での車のタイヤの摩耗からも微小プラスチックが生じます。

環境への影響:

  1. 海洋生物: 微小プラスチックは、魚やその他の海洋生物に摂取され、食物連鎖を通じて上位の生物に蓄積される可能性があります。
  2. 生態系の損傷: 微小プラスチックは、生態系のバランスを乱す可能性があります。
  3. 化学物質の吸着: 微小プラスチックは、有害な化学物質を表面に吸着しやすいため、それを摂取する生物に有害物質を蓄積させる可能性があります。

人体への影響:

  1. 食物連鎖: 海洋生物が微小プラスチックを摂取した場合、それが人間の食事として摂取されることで、微小プラスチックが人体に取り込まれる可能性があります。
  2. 有害な化学物質: 微小プラスチックが吸着した有害な化学物質が人体に取り込まれるリスクがあります。
  3. 未知の健康リスク: 微小プラスチックの長期的な人体への影響はまだ完全には理解されていませんが、健康へのリスクが懸念されています。

環境保護への取り組み:

  1. 微小プラスチックの使用を禁止または制限する法律: 一部の国では、スクラブとしての微小プラスチックの使用を禁止する法律が施行されています。
  2. 再利用とリサイクル: プラスチック製品の再利用やリサイクルを促進することで、微小プラスチックの放出を減少させることが可能です。
  3. 公衆の意識の高揚: 問題の認識と共有を通じて、消費者の選択や行動の変革を促すことができます。

微小プラスチックの問題は、持続可能な環境のために国際的な取り組みと協力が求められる重要な課題の一つです。

  • ホルムアルデヒド: 保存料として使用されることがある成分ですが、環境ホルモンの影響を及ぼすと指摘されています。
ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドとは:

ホルムアルデヒドは、最も単純なアルデヒドの一つで、化学式はCH2Oです。無色のガスで、特有の刺激臭があります。様々な産業用途があり、主に合成樹脂の製造や防腐剤、消毒剤として利用されることが多いです。また、細菌の増殖を抑えるために解剖室や病理学の研究で使われることもあります。

環境への影響

  1. 大気中の汚染: 産業活動や車の排気などにより、ホルムアルデヒドは大気中に放出されることがあります。長期間大気中に留まると、大気汚染の原因となる可能性があります。
  2. 水質汚染: 工業地域や都市部での使用や排水が原因で水質が汚染されることもある。

体への影響

  1. 刺激性: 目、鼻、のどへの刺激を引き起こす可能性があります。
  2. 発がん性: 長期間の高濃度での曝露は、発がん性が考えられるとされています。特に鼻や喉のがんのリスクが高まるとされている。
  3. アレルギー反応: 皮膚への接触や吸入により、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

良い点

  1. 防腐・消毒効果: その効果から、医薬品や化粧品、建材など多くの製品に使われています。
  2. 工業用途: 合成樹脂の製造など、多くの産業での利用があります。

結論:

ホルムアルデヒドは多くの利点がありますが、環境への影響や健康へのリスクも考えられるため、適切な管理と取り扱いが必要です。使用する際には、十分な換気や適切な保護手段を取ることが推奨されます。

  • 石油系成分: 石鹸の滑らかさや保湿効果を出すために使用されることがありますが、石油の採掘は環境破壊を引き起こすことが知られています。
石油系成分

石油系成分とは、原油から精製された成分やその誘導体を指します。これらは、多くの日常の製品や産業で広く利用されていますが、環境や人体に対する懸念も持たれています。

  1. 石油系成分の一般的な利用:
    • 化粧品(ミネラルオイル、パラフィン、プロピレングリコールなど)
    • プラスチック製品
    • 洗剤、界面活性剤
    • 潤滑油や燃料などの工業製品
  2. 環境保護に関連する問題:
    • 非再生性: 石油は有限な資源であり、使用が続けば枯渇する可能性があります。
    • 環境汚染: 石油製品の製造や使用、廃棄に伴う環境への悪影響が懸念されています。例として、オイルスリックやプラスチック廃棄物の海洋汚染などが挙げられます。
    • 温室効果ガスの放出: 石油を燃焼すると、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスが放出され、地球温暖化の原因となります。
  3. 体に対する懸念:
    • 皮膚への影響: 一部の化粧品やスキンケア製品に含まれる石油系成分は、皮膚の毛穴を詰まらせる可能性があります。
    • 健康リスク: 長期間の露出や大量摂取は、呼吸器や中枢神経系に悪影響を及ぼす可能性が報告されています。
  4. 利点としての石油系成分:
    • 経済的: 石油は多くの製品の原料として安価に利用できます。
    • 性能: 石油系成分は特定の目的に適した特性を持っており、多くの製品の性能を高めるために用いられます。

総じて、石油系成分は多くの製品や産業で利用されていますが、その使用には環境や人体への影響を十分に考慮する必要があります。これらの懸念を受けて、代替素材の開発や環境への影響を低減する取り組みが進められています。

市販の石鹸を選ぶ際は、成分表示をよく確認し、肌や環境に優しい石鹸を選ぶことが大切です。ナーブルスソープのようなオーガニック石鹸は、これらの問題のある成分を含まないため、安心して使用することができます。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

手作り石鹸の魅力は、自分の好きな成分や香りを選べること。市販の石鹸には、自分の肌に合わない成分や香りが含まれていることが多いのですが、手作りならばそのような心配がありません。また、手作り石鹸は、自分の手で一つ一つ丁寧に作ることができるため、作る過程も楽しむことができます。

苛性ソーダを使わない石鹸は、肌に優しく、環境にも配慮した石鹸として人気があります。以下に、その基本的な作り方を分かりやすく説明します。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

苛性ソーダ(水酸化ナトリウムや水酸化カリウム)を使わない石鹸は、実際には「再加工石鹸」とも呼ばれることが多いです。これは、既に石鹸化されたベースを使って作られるため、苛性ソーダを新たに使用する必要がないからです。以下に、苛性ソーダを使わない石鹸の基本的な作り方と注意点を示します。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方

  1. 材料
    • 石鹸ベース(無添加のものが望ましい)
    • エッセンシャルオイルやフレグランスオイル(香りをつける場合)
    • 天然の色素やクレイ(色をつける場合)
    • その他の添加物(ハーブ、ドライフルーツ、オートミール、ハチミツなど)
  2. 手順
    1. 石鹸ベースを溶かす。水風呂の上でボウルに入れ、ゆっくりと溶かすか、低温のマイクロウェーブを使う。
    2. 完全に溶けたら、エッセンシャルオイルやフレグランスオイルを加えて混ぜる。
    3. その他の添加物や天然の色素を加え、よく混ぜ合わせる。
    4. 石鹸の型に流し込み、冷やして固める。冷蔵庫で数時間から一晩冷やすのが理想的。
    5. 完全に固まったら、型から取り出し、必要に応じてカットする。
  3. 注意点
    • 石鹸ベースの選び方: グリセリン石鹸ベースやシアバターベースなど、肌に優しい無添加の石鹸ベースを選ぶことが推奨されます。
    • 温度管理: 石鹸ベースを溶かす際、高温になりすぎると成分が分解してしまう可能性があるため、ゆっくりと低温で溶かすことが重要。
    • 添加物の量: エッセンシャルオイルやフレグランスオイルは、過度な量を使用すると肌に刺激を与える可能性があるため、推奨量を守ること。
    • 保存: 保存には冷暗所が最適。湿度の高い場所や直射日光の当たる場所は避ける。

このように、苛性ソーダを使わない石鹸の作り方はシンプルで、初心者でも安全に取り組むことができます。ただし、添加する成分の特性や量に注意することで、質の良い石鹸を作ることができます。

では次に一般的な石鹸の作り方について説明します。

一般的な石鹸の基本的なレシピ

以下に石鹸の基本的なレシピを示します。このレシピは、シンプルなオリーブオイルベースの石鹸を作るためのものです。

材料の計量例:

  • オイル:
    • オリーブオイル: 500g
  • :
    • 蒸留水: 200g
  • 天然の酸化剤:
    • シトリック酸: 50g
  • エッセンシャルオイル (オプション):
    • ラベンダーエッセンシャルオイル: 10ml

手順:

  • オイルの準備: 500gのオリーブオイルをボウルに入れます。
  • 水と酸化剤の混合: 200gの蒸留水に50gのシトリック酸を少しずつ加え、完全に溶けるまでよく混ぜます。
  • オイルと水の混合: オイルのボウルに、水とシトリック酸の混合液を少しずつ加え、よく混ぜます。
  • エッセンシャルオイルの追加: 10mlのラベンダーエッセンシャルオイルを加え、再度よく混ぜます。

このレシピは基本的なもので、オイルの種類やエッセンシャルオイルの量を変更して、オリジナルの石鹸を作ることができます。
また、色をつけたい場合は天然の色素を加えることもできます。

この方法で、安全で肌に優しい石鹸を自宅で作ることができます。
使用する材料や工具、手順に注意を払いながら、オリジナルの石鹸を楽しんでください。

苛性ソーダを使わない石鹸の優れた点

苛性ソーダを使わない石鹸は、近年の自然志向や健康志向のトレンドに合わせて、多くの人々に支持されています。その理由として、以下のような優れた点が挙げられます。

肌に優しい

  • 低刺激性: 苛性ソーダを使用しないため、肌に対する刺激が非常に少なくなります。
    特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の方には、この点が大きなメリットとなります。
  • 天然成分主体: 多くの苛性ソーダを使わない石鹸は、天然のオイルやエッセンシャルオイルを主成分として使用しています。
    これにより、肌に優しい成分のみで構成されています。

環境に優しい

  • バイオディーグレーダブル: 天然成分主体の石鹸は、自然に分解されやすいため、環境への負荷が少ないです。
  • 化学物質の排出が少ない: 苛性ソーダやその他の化学物質を使用しないため、製造過程での有害な物質の排出が少なく、環境に優しいです。

長持ちする

  • 高い保湿力: 天然のオイルを主成分として使用しているため、肌に潤いを与える効果が高く、乾燥を防ぐ効果があります。
  • 固さがある: 苛性ソーダを使用しない石鹸は、一般的に固く、使用時に溶けにくい特徴があります。これにより、1つの石鹸が長持ちします。

豊富なバリエーション

  • 様々な香りや効能: 苛性ソーダを使わない石鹸は、様々なエッセンシャルオイルやハーブを使用することができるため、香りや効能のバリエーションが豊富です。
  • オリジナリティ: 手作りで簡単に作成できるため、自分の好みに合わせてオリジナルの石鹸を作ることができます。

以上のように、苛性ソーダを使わない石鹸は、肌に優しいだけでなく、環境や経済的な面でも多くのメリットがあります。
これらの点を考慮すると、日常のスキンケアに取り入れる価値があると言えるでしょう。

Q&A

では次に石鹸に関する疑問点に答えていきましょう。

ナーブルスソープはどのように作られていますか?

ナーブルスソープは、オリーブオイルを主成分として使用し、伝統的な製法で作られています。
まず、オリーブオイルを適切な温度で加熱し、その後、天然の酸化剤や水を加えて混ぜ合わせます。
この混合物を型に流し込み、一定の期間固めることで石鹸が完成します。
この製法は、古くから中東地域で伝えられてきたもので、化学物質を使用せず、肌に優しい石鹸を作ることができます。

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方は難しいですか?

苛性ソーダを使わない石鹸の作り方は、基本的な手順はシンプルですが、材料の選び方や混ぜ合わせるタイミングなど、細かい部分での注意が必要です。

しかし、正しいレシピと手順を守れば、初心者でも美しい石鹸を作ることができます。
また、手作り石鹸の魅力は、自分の好みに合わせて材料を選べること。
繰り返し作ることで、自分だけのオリジナルレシピを見つける楽しさもあります。

手作り石鹸と市販の石鹸、どちらが肌に優しいですか?

手作り石鹸の大きなメリットは、使用する材料を自分で選べること。
これにより、肌に優しい成分のみを使用して石鹸を作ることができます。
一方、市販の石鹸には、保存料や香料、色素などの添加物が含まれていることが多いです。
しかし、市販の中にもナチュラル成分にこだわった商品や、オーガニック認証を受けた石鹸も増えてきています。
どちらが肌に優しいかは、使用する成分や製法によるため、一概には言えませんが、自分の肌質や好みに合わせて選ぶことが大切です。

ナーブルスソープの成分は何ですか?

ナーブルスソープの主成分はオリーブオイルです。
オリーブオイルは、肌に潤いを与える効果があり、古くから美容や健康に利用されてきました。
また、ナーブルスソープには、天然の酸化剤や水も含まれています。
これらの成分が組み合わさることで、肌に優しく、高い保湿力を持った石鹸が完成します。

オーガニック石鹸のメリットは何ですか?

オーガニック石鹸の最大のメリットは、化学物質や合成添加物を使用していない点です。
これにより、肌に優しく、アレルギーや刺激のリスクが低くなります。
また、オーガニック石鹸は環境にも優しい。
使用される成分は自然に分解されやすく、環境への負荷が少ないです。

さらに、オーガニック石鹸は、肌のバリア機能をサポートする効果も期待できます。

苛性ソーダを使わない石鹸の保存期間はどれくらいですか?

苛性ソーダを使わない石鹸の保存期間は、製法や使用する材料によって異なりますが、一般的には6ヶ月から1年程度とされています。
ただし、保存状態や気温、湿度によっても変わるため、冷暗所での保存や、使用開始後は早めに使い切ることがおすすめです。

ナーブルスソープはどの国で人気がありますか?

ナーブルスソープは、中東地域をはじめ、ヨーロッパやアジアなど、世界中で人気があります。
特に、自然志向やオーガニック商品に関心が高い国々での支持が厚いです。
日本でも、近年の健康や美容への関心の高まりとともに、多くの人々に愛用されています。

私自身の個人的な感想

私自身、長い間さまざまな石鹸を試してきましたが、ナーブルスソープに出会ってからは他の石鹸には戻れません。
その理由は、ナーブルスソープが持つ独特の肌への優しさと、天然成分の力を実感できるからです。
毎日のバスタイムが、この石鹸のおかげで特別なものとなっています。
その上、環境にも優しいという点は、私たちが今後向かうべき方向性として非常に重要だと感じています。

手作り石鹸にも興味が湧いてきており、自分で作る楽しさや、使用する材料を選べる自由度に魅力を感じています。
この記事を読んでいる皆さんにも、ナーブルスソープや手作り石鹸の素晴らしさを感じていただき、私と同じようにその魅力に取り憑かれることを心から願っています。

記事まとめ( 苛性ソーダを使わない石鹸の作り方 )

石鹸選びは、肌の健康を考える上で非常に重要です。
特に、苛性ソーダを使わない石鹸は、肌に優しく、環境にも配慮されています。
ナーブルスソープは、その代表格として多くの人々に愛されています。
手作り石鹸も、その作り方や成分を知ることで、より良い石鹸選びができるようになります。
市販の石鹸と手作り石鹸、それぞれの良さを知り、あなたの肌に最適な石鹸を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

advanced-floating-content-close-btn